有限会社 多賀精密

アルミ合金・銅タングステン・ステンレスなど3次元マシニング加工・ワイヤー加工での治具部品・試作品製造
岐阜県大垣市の有限会社 多賀精密

営業品目

●設計
 シミュレーション
 治工具設計
 金型設計

●開発・生産
 機械加工
 NC機械加工
 放電加工
 治具製造
 試作品加工

●量産
 鋳造

●表面処理
 メッキ・アルマイト処理

 

リンク

NC network

 

HOME»  アルミ合金の特徴と用途

アルミ合金の特徴と用途

アルミ合金の特徴と用途

アルミは軽いという特徴から、製造過程において多く利用されています。アルミ合金は、種類によって特徴や用途が異なります。こちらでは、アルミ合金の特徴や用途を説明します。

合金系統 呼称 材料特性の概要 用途
純アルミ系 A1070
A1050
A1100
軽量で加工性や表面処理性に優れ、アルミニウム合金の中でも耐食性は非常に優れている。純度が低くなるにつれ、強度が高くなる。毒性がないので、食品類と触れることも可能。熱伝導性、導電性に優れている。 アルミ缶、アルミホイル、一円玉、鍋、サッシ、反射板、溶接棒、照明器具、化学工業タンク、電線等の導電材、キャップ
Al-Cu系 A2011
A2017
A2024
強度が高く、切削性に優れているが、耐食性では劣る。鍛造が可能で、防食処理を要するものもある。 ネジ類、シャフト、航空機部品、自動車部品、ロボット部品、ボルト材、油圧部品
Al-Mg系 A5052
A5056
A5083
耐食性や溶接性に優れ、中程度の強度を持ち、切削加工時のアルマイト処理性が良い。耐海水性と低温特性にも優れているのだが、マグネシウムの添加量によって強度が一定以上を超えると、応力腐食割れの危険性が高くなる。 自動機の部品、構造材、缶蓋材、通信機器部品、光学機器、一般工作材料、一般板金、一般機械材料、車両、船舶、低温タンク
Al-Mg-Si系 A6061
A6063
耐食性・表面処理性が良く、強度も高い。溶接には弱く、アルミの特徴でもある熱伝導率により周辺部分まで強度低下が起こる恐れがある。押し出し性にも優れ、応力腐食割れにも強い。 機械材料、車両、船舶、サッシ、ガードレール、電化製品、建築材、陸上構造物、家具
Al-Zn-Mg-Cu系 A7075 極めて高強度な合金で、を添加したものは、超々ジュラルミンと呼ばれ、航空機などに使用される。銅を添加していないものは、主に溶接構造用材料として利用される。 航空機部品、機械部品、スキー板・ストック等のスポーツ用品

当社では、アルミ合金を使った試作品製造を行っております。設計から製造まで一貫したシステムで、お客様のイメージを形にしております。アルミ合金以外にも、非鉄金属、ステンレス、銅合金でも複雑な加工が可能な設備を使い、製造しておりますので、試作品製造をお考えの方は、是非ご相談下さい。最短3営業日内での納品も可能となっております。

また、三次元的な微細構造を非接触で測定可能なO-INSPECTを導入しておりますので、 3次元測定のご依頼も承っております。

鉄や銅、アルミ合金を使った試作品製造なら有限会社多賀精密へ。

アルミ合金を使った試作品製造【有限会社 多賀精密】 概要

会社名 有限会社 多賀精密
所在地 〒503-0963 岐阜県大垣市西大外羽1-238
電話番号 0584-89-4364
メールアドレス info@tagaseimitsu.co.jp
URL http://www.tagaseimitsu.co.jp/
業務内容 アルミ合金・銅タングステン・ステンレスなど3次元マシニング加工・ワイヤー加工での治具部品・試作品製造
説明 ものづくりのご相談は多賀精密まで。アルミ合金・非鉄金属・銅合金・ステンレス・自動車部品,半導体部品の加工など短納期の製作・小ロットの発注も可能です。三次元測定のご依頼も承っております。詳しくはお問い合わせください。