有限会社 多賀精密

アルミ合金・銅タングステン・ステンレスなど3次元マシニング加工・ワイヤー加工での治具部品・試作品製造
岐阜県大垣市の有限会社 多賀精密

営業品目

●設計
 シミュレーション
 治工具設計
 金型設計

●開発・生産
 機械加工
 NC機械加工
 放電加工
 治具製造
 試作品加工

●量産
 鋳造

●表面処理
 メッキ・アルマイト処理

 

リンク

NC network

 

HOME»  プリント基板とは?

プリント基板とは?

プリント基板は、電子機器やコンピューターなどを動かすために必要不可欠な部品です。電子回路を作成するために使用する抵抗器やコンデンサ、トランジスタなどの電子部品を固定するために活用します。私たちが普段から使用している携帯電話や洗濯機、冷蔵庫などにもプリント基板が使用されています。こちらでは、そんなプリント基板についてご紹介します。

プリント基板を使用するメリット

プリント基板を使用するメリット

プリント基板を使用せずに電子部品同士を配線で接続することもできます。ところが、複雑な回路を作成するとなると接続するために多くの配線やネジが必要になることや、作成するまでに多くの時間がかかってしまうなどのデメリットが生じます。

プリント基板を使用すると、省スペースに効率良く配線を接続することができるので、電子機器の小型化・軽量化に役立ちます。また、電子回路作成の自動化により作成時間が短縮することで、生産性の向上にも役立つでしょう。

プリント基板のタイプとパターン

プリント基板のタイプとパターン

プリント基板には様々な種類があります。絶縁体として使用する樹脂にはフェノール樹脂・エポキシ樹脂・テフロン樹脂など複数の種類があり、素材の材質も柔軟性があるタイプや固いタイプなど様々なタイプがあります。

また、コストを抑えることを重視した片面基板、電子部品の実装や配送パターンの印刷を両面に施してある両面基板、絶縁体と配線パターンを印刷した基板を交互に重ねた多層基板などパターンも豊富です。タイプやパターンによっては、製造するために高度な技術や精度が求められます。

当社では、プリント基板の製造に欠かせない、ルーター分割治具の製造を承っております。様々なルーター分割治具製作に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。その他にもL型アングル銅タングステン自動車部品測定治具など、様々な製品の製造を幅広く対応可能です。

また、アルミ製のテーパーゲージの製造も承ります。市販のテーパーゲージはスチール製のものが多い中、当社のテーパーゲージはアルミ製のためデリケートな箇所の測定にも適しています。試作品の製造も承っており、一品生産や少量生産も可能です。そのため、「試作品として作ってみたい部品がある」という場合もお気軽にご利用下さい。企業様はもちろん、個人様からの試作品の製造依頼もお待ちしております。

プリント基板や自動車部品など試作品製造なら有限会社多賀精密へ。

自動車部品など試作品製造【有限会社 多賀精密】 概要

会社名 有限会社 多賀精密
所在地 〒503-0963 岐阜県大垣市西大外羽1-238
電話番号 0584-89-4364
メールアドレス info@tagaseimitsu.co.jp
URL http://www.tagaseimitsu.co.jp/
業務内容 アルミ合金・銅タングステン・ステンレスなど3次元マシニング加工・ワイヤー加工での治具部品・試作品製造
説明 ものづくりのご相談は多賀精密まで。アルミ合金・非鉄金属・銅合金・ステンレス・自動車部品,半導体部品の加工など短納期の製作・小ロットの発注も可能です。三次元測定のご依頼も承っております。詳しくはお問い合わせください。